« 《キッチン 菜根譚》「タンドリーチキン定食」 | トップページ | 《ジョン カナヤ》大人の「ショコラ」 »

《RRW》で「アマトリチャーナ」

 ソラマチで一番元気のよい店員さんのいるRRW(店名:RIGILETTO ROTISSERIE AND WINE〔リゴレット ロティサリー アンド ワイン〕の略)でパスタランチ。1,000円。(東京都墨田区押上1-1-2、東京ソラマチ2階)

Rrw_003  

 今週のパスタ「アマトリチャーナ」をチョイスした。イタリア語でアマトリーチェ風(amatriciana)という意味。アマトリーチェは、イタリア中部のラツィオ州にある首都ローマの北東約104kmに位置する町の名前である。アマトリチャーナは、イタリア料理に使われる人気のパスタソース、あるいはそれを用いたパスタ料理である。具材はグアンチャーレ(豚ほほ肉の塩漬け)またはパンチェッタ(豚のばら肉の塩漬け)、ぺコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)をふりかけ、トマトソースである。

Rrw_001 

 新鮮な野菜サラダはレモンのドレッシング。新鮮でシャキシャキのレタスや紫レタスである。ひとくちスープは、「かぶのポタージュ」で、冬ならではの甘みがある。

Rrw_004 

パスタの麺は「キタッラ」という。断面が5mmほどの四角形で手打ちのうどんのような食感。コシがあり歯ごたえ十分。しかも唐辛子が麺に練り込んであり、ピリ辛だ。なかなかうまい。

Photo

「キタッラChitarra」は、イタリア語でギターの意味。

このパスタをつくる道具が、長方形の箱にギターの弦のように針金が張ってあり、この道具を使ってつくることからキタッラの名がついたそうだ。本体は、木製でその両面に違う間隔で張られたハガネの弦が張ってある。好みのパスタの太さ(3mm又は5mm)の面を選び、延ばしたパスタ生地をのせ、その上で麺棒を転がすと、断面が正方形のロングパスタとなって下へ落ちてくるという仕掛け。

Rrw_002 

 さて削ったぺコリーノ・ロマーノ(チーズ)を、上からかけるのが本格派だが、塩辛いためか、パルメザン・チーズで代用している。グアンチャーレは、しっかりしたハムで濃い塩味。パスタの上には、細かくちぎった大葉が風味を増す。ゆったりしたランチタイムだった。(ドリンクはお替り自由)

|

« 《キッチン 菜根譚》「タンドリーチキン定食」 | トップページ | 《ジョン カナヤ》大人の「ショコラ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/58984634

この記事へのトラックバック一覧です: 《RRW》で「アマトリチャーナ」:

« 《キッチン 菜根譚》「タンドリーチキン定食」 | トップページ | 《ジョン カナヤ》大人の「ショコラ」 »