« 《東京スカイツリー》の真下に河津桜開花 | トップページ | 浅草からの《東京スカイツリー》青のイルミネーション »

《パラッツォ サングスト》で「小エビとブロッコリーのパスタ」

003

《パラッツォ サングスト》(東京都墨田区業平1 -21-7TEL03-6658-4111)である。Bランチで「小エビとブロッコリーのパスタ」を選ぶ。いつもながらオイリーなドレッシングがかかる新鮮な野菜サラダ(レタス、にんじん、トマト)とデザート(にんじんのケーキ)にコーヒー付きの1,200円。

002_2

 オリーブオイルでニンニクを炒め、小切りのブロッコリーと小エビを入れる。そこに細めのスパゲティ。塩味である。仕上げに大葉のみじん切りを散らす。あっさりしているが、具材もやわらかくうまい。

004

 「小エビ」には、豊富なミネラルをはじめとし、動脈硬化や便秘予防効果のある「アスタキサンチンキチン」、不飽和脂肪酸(脂質の材料で、エネルギー源や身体の構成成分となるほか、血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがある)や疲労回復効果のあるタウリンなど魚介類特有の栄養素も含まれている。

 キトサンと呼ばれる、カニやエビなどの甲殻類の外骨格から得られるキチンから作られる成分は、体にたまった有害物質の排出を助け、血圧やコレステロール値の正常化を促す物質として知られている。

さらにアスタキサンチンは、高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質の酸化から体を守り、光障害による目のダメージも防ぐとされている。

 以前調べたが、「ブロッコリー」は、がん、シミ・ソバカス、老化防止、風邪の予防にいい。ビタミンCはレモンの2倍。ほかにも、カロチン(ビタミンA)、ビタミンB1B2、カリウム、リンなども豊富に含んでいる。緑黄色野菜のブロッコリーは、とくに粘膜の抵抗力を高め、風邪などの細菌感染を予防してくれるビタミンAがよい。含有量の多いビタミンCは、皮膚のシミやソバカスなどの色素沈着防止となる。すばらしい野菜だ。

005

 「大葉(青じそ)」は、ビタミン類、ミネラル類が多く含まれる。抗酸化物質が多く、その有効性として、アレルギー抑制、抗菌作用、防腐作用、美肌効果、ダイエット効果、血液さらさら効果、貧血・不眠や夏ばて解消、整腸作用、利尿作用などの効能があるといわれている。

001_3

 シンプルなパスタだが、栄養学的にもすばらしい。新鮮な野菜サラダも体によさそうである。もちろん、デザートの「にんじんケーキ」も同様である。スカイツリーに行ったら、近いのでおすすめ。

|

« 《東京スカイツリー》の真下に河津桜開花 | トップページ | 浅草からの《東京スカイツリー》青のイルミネーション »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/59236640

この記事へのトラックバック一覧です: 《パラッツォ サングスト》で「小エビとブロッコリーのパスタ」:

« 《東京スカイツリー》の真下に河津桜開花 | トップページ | 浅草からの《東京スカイツリー》青のイルミネーション »