« 《GUGU CAFE》で「油淋鶏」のランチ | トップページ | マンション入口の《花壇》花盛り »

昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門「タンメン」再考

 《生駒軒》浅草雷門である。(東京都台東区雷門1-12-1TEL03- 3844-6853

タンメンは、漢字では湯麺と書く。スープ麺の意味である。英語では、Vegetable Noodle Soupとなる。

_1_2 

 生駒軒の「タンメン」は、前にも書いたが白菜は使わず、キャベツを使う。キャベツの方が年間を通して入荷が安定しているかららしい。このほか、野菜はもやし、ニラ、にんじん、長ネギなどだ。豚肉も入る。これらをささっと炒めて、鶏ガラベースのスープに合わせる。630円。

_2_2

 この塩味がよい。いかにもやさしい味だ。ラーメンではものたりない。野菜を採りたい。そんな時はタンメンに限る。

  タンメンの歴史は諸説あるようだが、東京か横浜が発祥地とされているそうである。

また戦後満州から引き揚げてきた料理人が、現地の家庭料理の味を再現したのが、日本でのタンメンの始まりとも言われている。すでに日本の中華料理といえる。

|

« 《GUGU CAFE》で「油淋鶏」のランチ | トップページ | マンション入口の《花壇》花盛り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/59479115

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門「タンメン」再考:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/04/17 08:48) [ケノーベル エージェント]
台東区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2014年4月17日 (木) 08時48分

« 《GUGU CAFE》で「油淋鶏」のランチ | トップページ | マンション入口の《花壇》花盛り »