« 《はーびあんず》ロケ弁 | トップページ | 《キッチン 菜根譚》で「豆腐ときのこの挽肉あんかけ定食」 »

《シネ・マッド・カフェ》で「ブロッコリーと小海老のスパイシーカレー」

東京スカイツリーにも近い《シネ・マッド・カフェ》(東京都墨田区押上2-1-1-104TEL03-6240-4517、営業時間/10002200月曜定休)へ行く。映画好きのご主人と店内に多数飾られた洋画のポスターが自慢のカフェである。

_2 

 今日は、いつものサービスカレー(ハンバーグ)ではなく、「ブロッコリーと小海老のスパイシーカレー」。900円でスープ、コーヒー付きである。

_1 

 まずは、コンソメスープ。具材のキャベツがやわらかい。塩漬けした小さな豚肉入り。やさしい塩味である。

_up3

 ブロッコリーと小海老(シュリンプ)のカレーは、やわらかく煮込んだブロッコリーと小海老がうまい。スパイシーだけあってかなり辛口。下ごしらえがよいのか、刻んだタマネギもトロトロである。コクがあってうまい。この店は焼きチーズカレーも人気だそうだ。

_4 

意外だが、食後のコーヒーもうまい。コーヒークリーム(ミルク)ではなく、小さな器に入った牛乳が提供される。コーヒーにさっと溶けるすがすがしさもよい。

 カレーの味もさることながら、いつものように腰の低いご主人とホール担当の上品な奥様。すばらしい店である。

|

« 《はーびあんず》ロケ弁 | トップページ | 《キッチン 菜根譚》で「豆腐ときのこの挽肉あんかけ定食」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/59466831

この記事へのトラックバック一覧です: 《シネ・マッド・カフェ》で「ブロッコリーと小海老のスパイシーカレー」:

« 《はーびあんず》ロケ弁 | トップページ | 《キッチン 菜根譚》で「豆腐ときのこの挽肉あんかけ定食」 »