« 《キッチン 菜根譚》えび豆腐定食 | トップページ | 値上げした《GUGU CAFE》おろしポン酢ハンバーグ »

中華そば《髙政家》で「塩そば」

《髙政家》(東京都墨田区吾妻橋2-4-13TEL03-3622-0734、営業時間/11301400 17302200、水曜定休)へ趣く。

_1_2 

 塩そば(550円)を食べる。スープを飲む。バターの香りが強い。ダシは鶏ガラや煮干のようで、あっさりしている。決め手の塩は、モンゴルの天然岩塩とある。これはあっさりしすぎだ。もう少し味が濃くてもよい。

 Photo

 海苔、チャーシュー、メンマ、ゆでたまご半身、刻み長ネギに白ゴマの具材である。麺は中太麺。

しかし、ものたりない味だ。麺の湯切りが甘いのか。もっとも一度に三人前の塩そばをつくっていたようなので、味付けの勘が狂ったのかもしれない。ううーん、やっぱり味が薄い。モンゴルの天然岩塩が泣く。

_3_2

この店は、やはり中華そばがよい。(それでも薄味だが)

ランチタイムのサービスメニューで、中華そば(または塩そば)に半ライスで650円がある。これはお得である。

_4

以前の記事

◆《中華そば 髙政家》@吾妻橋

|

« 《キッチン 菜根譚》えび豆腐定食 | トップページ | 値上げした《GUGU CAFE》おろしポン酢ハンバーグ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/59411097

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば《髙政家》で「塩そば」:

« 《キッチン 菜根譚》えび豆腐定食 | トップページ | 値上げした《GUGU CAFE》おろしポン酢ハンバーグ »