カテゴリー「グルメ・クッキング」の706件の記事

熱々の「トマトスープ麺」【麺ダイニング セロリの花】

 ラーメンとイタリアンのコラボなのか、「トマトスープ麺」がうまい。590円。

西東京市田無駅前で食べた。女性客やカップルの多い【セロリの花】という店。

Photo


トマトのスープは赤い。グリーンのルッコラとおろしチーズの色が鮮やかだ。スープはオリーブ油とラー油、ニンニクが効いていて、ピリ辛である。チャーシューの代わりに蒸した鶏肉。具材は、しめじ、セロリ、もちろんトマトにルッコラが入る。

 麺はラーメンとパスタの中間のような平打ち中細でシコシコ感がある。ラーメンというよりもスープパスタだ。それにしてもなかなか冷めない。冬なのに額にはうっすらと汗がにじむ。たまにはこんな麺もいいなと思う。

Photo_2


 ルッコラは、イタリア料理に欠かせない香味野菜である。地中海沿岸が原産といわれ、古代エジプトでも食べられていたようだ。「ルッコラ(rucola)」の和名は、キバナスズシロという。(大根の仲間かもしれない)

少しくせがあるが、多くはサラダで食べる。ほのかにゴマのような香りがして、味はピリッと辛く、苦味もある。日本での産地は、静岡や埼玉、茨城、千葉、愛知など比較的温暖な地域である。アブラナ科の野菜であることから抗酸化作用があるそうだ。

辛味成分のアリルイソチオシアネートには、抗癌作用や抗菌作用のほか血栓予防にも効果がある。さらにβ-カロチンを初めビタミンEやビタミンKを豊富に含む栄養価が高い緑黄色野菜で、ミネラルも豊富である。さらに、ビタミンCも多く含み、風邪の予防や疲労の回復などに効果があるそうだ。冬にぴったりである。

 

■麺ダイニング セロリの花 田無店

■東京都西東京市田無町4-2-12 A2ビル2階

TEL042(452)2370

■営業時間/11:00~夜中02:00

| | コメント (3) | トラックバック (0)

《キッチン 菜根譚》で「麻婆豆腐」

_1_2 

 菜根譚で「麻婆豆腐定食」。漬物と味噌汁替りの中華風スープにライス、コーヒー(紅茶)で1,100円。定番である。

_2_2

 ところで「麻婆」は「あばた面のおかみさん」の意味。

清の時代、現在の四川省・成都で料理屋を営むおかみさんの豆腐料理が人気だった。このおかみさん、あばた面だったため、この名がついたそうだ。

_3 

 菜根譚の麻婆豆腐は、銀座アスター出身の女性シェフがつくる。丸顔だがあばた面ではない。ぴりっとするが、あまり辛くはない。とうふと挽肉のバランスがよい。やさしい味だ。刻みネギ、ピーマン小切りが入る。

_4

 さて「豆腐」だが、絹ごしか木綿かという議論がある。かためで煮崩れしないのが、木綿。のどごしがよく、つるっとした食感は絹ごしだそうだ。要するにどちらでもよい。好みの問題のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《生駒軒》浅草雷門「ナルト」

 昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門である。(東京都台東区雷門1-12-1TEL03-3844-6853

_1

 ワンタンである。挽肉の詰まったワンタン、長ネギ。もちろんラーメンのスープと同じ。シンプルだがうまい。530円。

_2 

 「ナルト」が目につく。正式には「鳴門巻き(なるとまき)」。

魚肉のすり身である。渦巻状の模様があるかまぼこの一種だが、なんと四国・徳島にある鳴門海峡の渦潮にちなんで名付けられたそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

《つけ麺与六》BUSHI道IKE麺KITCHEN店

池袋駅地下のNOODLE ST.IKEKITCHEN(ヌードル・ストリート、イケ麺キッチン)にある《つけ麺与六》BUSHI道へ行く。(東京都豊島区南池袋1-28-2 JR池袋駅 B1TEL03-3981-2384

_2

 「黒ぶし」を選ぶ。麺は太麺でメンマ、チャーシュー、ナルトがのる。スープは鰹節が効いている魚介系。つけ汁は、濃い目の醤油ダレだが、おそらく九州佐賀あたりの甘口の醤油である。

_4

 麺は、たっぷり300グラムはあり、食べ応え十分である。まずまずの味で540円。

 

 個人的には「つけ麺」よりスープのラーメンが好きだ。しめに割りスープを入れて、つけ汁を飲む。もの足りない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《キッチン 菜根譚》で「しめじとベーコンのパスタ」

_4

 《菜根譚》で「しめじとベーコンのパスタ」トマトソースをいただく。野菜サラダ、コーヒー(紅茶)付きで930円。

_1   

 パスタには「しめじ」がたくさん入っていてうれしい。細かく切ったベーコンとの相性もよい。何よりしめじの食感が好きだ。たっぷりのトマトソースにバージンエクストラ・オリーブオイルで味付けだ。塩味もいい具合。うまい。

 

_2

さて、しめじの効能について。

今回は「ブナシメジ」で、ビタミンDが多く含まれている。ビタミンDは、カルシウムが小腸で吸収されるのを助ける働きをおこなう。これにより、食事から摂取したカルシウムは、効率よく体内にとり込まれていく。さらにビタミンDは、いったん腎臓を通過して排泄されたカルシウムを、さらに腎臓で再吸収するように腎臓に対して働きかける。このように、カルシウムの吸収を助けるだけでなく、古い骨を壊して吸収し、新しい骨をつくることで骨の新陳代謝を活発化して骨の強度を高める働きももっている。

_3 

 また、しめじに豊富に含まれる食物繊維には、整腸作用がある。便秘には効果的だ。その上、食物繊維には、血中や肝臓のコレステロール値を下げ、動脈硬化にも効果があるといわれ、とくにブナシメジには、免疫機能を高める物質や制ガン作用があるともいわれている。

 昔から、「香り松茸、味しめじ」といわれる。しめじにはグルタミン酸やアスパラギン酸などのアミノ酸が非常に多く含まれているため、味の良さが裏づけされているわけである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門「タンメン」再考

 《生駒軒》浅草雷門である。(東京都台東区雷門1-12-1TEL03- 3844-6853

タンメンは、漢字では湯麺と書く。スープ麺の意味である。英語では、Vegetable Noodle Soupとなる。

_1_2 

 生駒軒の「タンメン」は、前にも書いたが白菜は使わず、キャベツを使う。キャベツの方が年間を通して入荷が安定しているかららしい。このほか、野菜はもやし、ニラ、にんじん、長ネギなどだ。豚肉も入る。これらをささっと炒めて、鶏ガラベースのスープに合わせる。630円。

_2_2

 この塩味がよい。いかにもやさしい味だ。ラーメンではものたりない。野菜を採りたい。そんな時はタンメンに限る。

  タンメンの歴史は諸説あるようだが、東京か横浜が発祥地とされているそうである。

また戦後満州から引き揚げてきた料理人が、現地の家庭料理の味を再現したのが、日本でのタンメンの始まりとも言われている。すでに日本の中華料理といえる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

《GUGU CAFE》で「油淋鶏」のランチ

スカイツリーにも近い隠れ家《GUGU CAFE》の週替りおすすめランチ。(東京都墨田区向島1-26-8TEL 03-6751- 8602

_1 

「油淋鶏(ユーリンチー)」である。中国料理の一種で、鶏のから揚げに、長ネギ・ショウガ・ごま油・酢などを合わせたしょう油ベースのソースをかけたものだ。おそらく新メニューだと思う。

_2

 ここ《GUGUCAFE》は、レタスサラダ、ポテトサラダに鶏の唐揚げ、ライスがのるワンプレートである。油淋鶏のソースが別に付く。なかなかさっぱりしておいしい。(ビールのおつまみに最高だが)

_3

 調べてみると、日本の中国料理店では「油淋鶏」とメニューに書いている事例はあまり多くなく、代わりに「若鶏のから揚げネギ香味たれ」などと書かれることが多いそうだ。確かに油淋鶏じゃ、わからない。

_4

 さて今日のプチデザートは、小さいけれど本物のイチゴ・ショートケーキ。小さいだけで、しっかりつくっている。さすがにパティシエ。コーヒー付きで980円。このケーキだけでも価値がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《キッチン 菜根譚》で「豆腐ときのこの挽肉あんかけ定食」

_3

 豆腐、きのこ(エノキ)、椎茸、にんじん、三つ葉に挽肉の入った餡かけである。オレンジの皮が小さく切ってのっている。風味もよく、いい塩梅のしょう油味。いつものようにやさしい味だ。

_1

 漬物と油揚げ・大根の味噌汁にコーヒー付きで1,100円。

_2

 豆腐の原料はただ一つ、大豆である。良質なタンパク質や脂質の含有量が多い栄養価の高い食品だ。そのほかミネラル、ビタミンをはじめ、健康の維持に有効な食品「機能性食品」としての成分が各種含まれている。

 人の体の三大栄養素であるタンパク質、糖質(炭水化物)、脂質のうち、豆腐には、とくに良質な夕ンパク質と脂質が豊富である。

 また豆腐は、体の基礎的な栄養素のみでなく、体を調節等して健康を維持増進させる食品「機能性食品」としても注目されている。つぎのような効用が認められている。

■タンパク質、リノール酸:血圧、コレステロールを下げ動脈硬化に効果。

■レシチン:脂肪代謝、脂肪肝にも効果。

■レシチン・コリン:記憶力を高め、脳の老化・ポケ予防に効果。

■サポニン:活生酸素の抑制等により成人病や老化防止に効果。

■女性ホルモンに似たイソフラボノイド:骨粗鬆症、乳がん、動脈硬化等に効果。

■トリプシンインヒピタ(トリプシン阻害因子):糖尿病の治療や予防に期待される。

■オリゴ糖:腸内の善玉菌・ビフィズス菌を増やす。

■カルシウム:骨や歯に、ストレスにも効果。

■豆腐のビタミン類(ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン):

 ビタミンEには血行をよくする作用があり、美肌づくり、肩こり、腰痛に効果があるほか、活性酸素や脂肪の酸化を抑制し、がんや成人病を予防する効果がある。ビタミンB群は皮膚や粘膜の健全化などに、ナイアシンは皮膚や胃腸の健全化に効果がある。

 なるほど「豆腐」は、すばらしい昼食である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

《シネ・マッド・カフェ》で「ブロッコリーと小海老のスパイシーカレー」

東京スカイツリーにも近い《シネ・マッド・カフェ》(東京都墨田区押上2-1-1-104TEL03-6240-4517、営業時間/10002200月曜定休)へ行く。映画好きのご主人と店内に多数飾られた洋画のポスターが自慢のカフェである。

_2 

 今日は、いつものサービスカレー(ハンバーグ)ではなく、「ブロッコリーと小海老のスパイシーカレー」。900円でスープ、コーヒー付きである。

_1 

 まずは、コンソメスープ。具材のキャベツがやわらかい。塩漬けした小さな豚肉入り。やさしい塩味である。

_up3

 ブロッコリーと小海老(シュリンプ)のカレーは、やわらかく煮込んだブロッコリーと小海老がうまい。スパイシーだけあってかなり辛口。下ごしらえがよいのか、刻んだタマネギもトロトロである。コクがあってうまい。この店は焼きチーズカレーも人気だそうだ。

_4 

意外だが、食後のコーヒーもうまい。コーヒークリーム(ミルク)ではなく、小さな器に入った牛乳が提供される。コーヒーにさっと溶けるすがすがしさもよい。

 カレーの味もさることながら、いつものように腰の低いご主人とホール担当の上品な奥様。すばらしい店である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《はーびあんず》ロケ弁

 東京スカイツリータウンで開催中の『ロケ弁フェスティバル』で、《はーびあんず》のハンバーグ弁当を購入。

_1 

■はーびあんずHERBEANS(ハービアンズ)

■東京都渋谷区道玄坂1-15-7

TEL03-6804-8548 予約制。

電話での受付は、9時~22時。年中無休

_3 

 キャッチフレーズが”無農薬有機栽培の食材でヘルシー&低カロリーなのにボリュームたっぷりです。”とある。

 真ん中にトマトソースのハンバーグ。タマネギ、もやし、にんじんの炒めもの。ワカメ、きのこの和え物。じゃがいも、にんじんの煮物。結構野菜もたっぷりだ。しかもごはんは「玄米」と「黒米」である。これで1,000円。薄味だが、ボリュームもあり、普通においしい。

_41 

調べてみると、「はーびあんずのこだわり」は『マクロビオテック』という言葉。説明は以下のとおりである。

 無農薬の穀物や野菜を中心に、できる限り余すところなく、根も葉も皮もすべて食事として摂る食生活。体にできるだけストレスをかけない料理。

主な食材は玄米を中心とした穀物、季節の野菜、豆類、ゴマなどから良質の植物性たんぱく質やカルシウムが得られます。この野菜たっぷりのお食事は小さなお子様からご年配の方まで幅広く受け入れられる食事になっております。

_631 

そして食材への7つのこだわりがある。

野菜)

農薬や化学肥料に頼らず、大地と太陽の恵みをたっぷりと受けて育った無農薬有機肥料栽培の野菜を産地から直送。

無農薬有機栽培野菜岩手県西和賀町から直送します!

醤油)

濃口醤油を特殊な方法で塩分だけを約半分(9%以下)に減らした減塩醤油風味も普通の醤油と変わらず、現代人の健康志向を重視。

お米)

通常取り除かれている糠(胚芽)がすべて残っているあきたこまちの玄米を使用。ビタミンやファイバーが多く含まれ、精白米よりも栄養的に優れています。古代黒米は古代中国では皇帝に献上され、薬膳料理にも用いられた最高級のお米。鉄分、カルシウムは精白米の4倍も含まれています。

砂糖)

さとうきびのミネラル分をそのまま残した、健康志向のキビ糖を使用。

酢)

食用酢、ワインヴィネガー、リンゴ酢、黒酢など。

油・脂)

エキストラヴァージンオリーブオイル、大豆油、ごま油、無塩バターなど。それぞれの料理に合わせたこだわり。

水)

すべての料理、洗浄にマイナスイオン水を使用。

_52

 なるほど、といった感じだ。しかし1,000円のお弁当、こだわりはわかるが、せいぜい700円から800円といったところ。

※「玄米」と「黒米」のウンチクは次回にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧